ポート除去

昨日、約1年半お世話になったポートと

サヨナラしてきました。

実際使用したのは4月のみ

このまま入れておいてもよかったのですが、主治医がの数値が基準値ではあるものの高めなのが気になっていて、一因がポート?と思っているようなのと、再発リスクが高めなのでと私の気持ちもあったので今に至りました。

取ってスッキリという気持ちにはまだ至っていないのが今朝の気持ちです。

で、ポート除去に要した時間は約30分。

主治医からは

俺、立ち会うけど病棟担当医が執刀するから。

と言われていましたが、

私がえ〜って顔をしたので

主治医が執刀してくれました

局所麻酔を打たれる時が痛かった。

後はポートを取る時に

グイグイと引っ張られるのが

肌は強くない!って前から言っているのに

ガッチリテープで止血止めをされ、

剥がすときが一苦労

夜勤の担当ナースが見知ったナースちゃんだったので

ベタベタが残って気持ち悪い!って

言ったら対処してくれました

ありがとうちゃん

今のところ痛みもないです。

昼間は麻酔が醒めきっていなかったのか少ボケーッとしてましたが、

面会時間になれ病院友達ちゃんとちゃんがきてくれて一時お喋り。

ふたりが帰ってからは

元気でヒマな私は

またウトウトと

ゆっくり寝られたような

そうでないような

マットが柔らかくて

ちょっと腰が痛かった。

入院する前にひと息

昼はエビフライ

夜は柳川風のなにか

ゴボウにサツマイモなんて腸閉塞予防にならない食事に笑

朝食

全体的に量が足りない!とメニューをよく見たら、常食

って少量の事だわ

足りないはずよね

でも間食しないで済ませました。

小さく載せておきますね。

これが粘着力が強かった

このテープは3日間ぐらいで

剥がして

この下にもテープが

貼ってあるのですが

それは自然に剥がれるのを

待てばいいと。

帰りはお土産処方薬を

たんまりといただきました。

入院の日に家に残っている

残薬数量を書いたメモを

薬剤師さんにお渡ししていたので

調整をしてくれました。

最後にお世話になった

看護師さん達にご挨拶を。

さんと

私亡きさんが見守っていてくれている気がします。

さん絶対に見守っていてくれてますよ。きっと今もそばにいてくれてるはずです。ホントによく頑張りましたね。

とふたりで涙ぐみながらお話してきました。

これでまたひと区切りつきました。

手術から何年、

治療終了から何年、

健康で迎えられればいいなぁ

思っています。

広告を非表示にする