「誰が破棄したのだろうか・」

今治市職員が2015年4月に首相官邸を訪れ

当時の首相補佐官である柳瀬唯夫氏と面談したというハナシは

いったいどうなっているのだろうか?

今治市の公文書にはその記録が残っているのだが

首相官邸の来訪記録には今治市職員の入館が記録されていないという

民進党・玉木議員が「官邸のセキュリティーは大丈夫でしょうか」と皮肉をいうほど

これは結構ヤバいハナシである

またそれに合わせたかのように

柳瀬補佐官も「記憶にない」と答弁しているのが異様にかんじる

首相官邸の記録にもなく

会ったはずの柳瀬補佐官の記憶にないということは

今治市職員は「カラ出張」をしていたということなのだろうか?

だとしたらこの今治市職員

かなり大胆不敵である

首相官邸を訪問したなんてカラ出張の理由に書くなど

とんでもなく危険なアリバイ作りだ

逆に

これが今治市職員のカラ出張ではなく

首相官邸の「今治市職員との面談隠蔽」だとしたら

その首謀者は誰か?というとんでもない疑惑が出来する

このハナシ

ここで挙げたふたつの原因しか考えようがない

と同時に「この時期に今治市職員が首相官邸を訪問してはマズかった」理由があるということも

図らずも表ざたになってしまうのである