したっけだけでは余り使わず、したっけね

したっけだけでは余り使わず、したっけねそうしたらね、したっけねそれでは別れの時にしたっけさあそうしたらさあという道民である。