ドラマや映画で描かれる不倫の悲劇不倫や愛、運命についての考え方ザリバティWeb

本記事のポイント

好きな相手を思い通りにしたいという執着は本当の愛ではない。結婚相手と結ばれているという運命の赤い糸は1本とは限らない。人を不幸にする不倫は、当事者も不幸にする。

映画やドラマ、小説のテーマとしてよくあるものが、不倫だ。先日、不倫をテーマにしたドラマあなたのことはそれほど(TBS系)が最終回を迎えたが、視聴率は148を記録した。

ドラマの主人公、渡辺美都は、偶然知り合った涼太と結婚したが、中学生時代に好きだった既婚者の有島光軌と再会し、不倫してしまう。そして徐に、両者の夫婦関係が壊れていく、というストーリーだ。

そのほか、不倫をテーマにした映画昼顔も、現在公開中である。これほど不倫が取り上げられるのは、そこに人間模様が現れているからだろう。

愛と執着とは、別のものそうしたドラマや映画から教訓を得るとすれば、執着は本当の愛ではないということだ。大川隆法幸福の科学総裁は、こう指摘している。

子供に対しても、男性に対しても、あまりにも尽くしすぎたり、愛しすぎた人が、だいたい、嫉妬深くなって、独占欲が強くなって、最後は幽霊になるのです。だから、愛しすぎることも問題なのです。そうではなくて、相手をある程度自由にさせてあげることです(2008年7月号アーユーハッピー)

本当の愛とは、トリモチのように相手に執着することではない。夫や妻、子供を愛しすぎるあまりに、相手を自分の思い通りにしようとしたり、相手から思ったような反応が返ってこないと苦しんだりするのではなく、相手を独立した個人として尊重することだ。それが家庭を調和させ、不倫を防ぐきっかけになる。

運命を考えすぎない特に女性は、運命の赤い糸で結ばれた相手がいるのではないかと思いがちと言われる。ドラマあなたのことはそれほどの主人公もそうだった。たしかに、過去世から縁のある運命の相手がいる場合もあるが、それにこだわりすぎるのも問題である。

霊的な真実から言えば、人が生まれ変わるときに、一緒に生まれ変わる魂のグループが、数人から数十人いることが多い。運命の人とは、そのソウルメイトの一人だ。

ただし、運命の赤い糸は1本とは限らず、結婚相手も、縁のある人同士が惹きつけあうケースが多い。過去世から約束してきた運命の人か否かを気にしすぎるより、今世で縁のあった人とうまくやっていく努力をした方が、その人の人生にとってプラスに向かうだろう。

不倫は人を不幸にするそもそも、なぜ不倫は悪かと言えば、人を不幸にするからだ。大川総裁はこう語る。

不倫は、九十九パーセント、成功することはありません。(中略)相手には妻も子供もあったのです。そうした人を苦しめつづける人生が、その後に待っているわけなのです。それであなたがほんとうに、死ぬまで幸福な生活が送れるかどうかを、よくよく考えてみてください。(中略)あなたは、思いきってその過去と訣別しなければなりません。そして、新しい船出を開始しなければなりません(幸福のつかみ方)

どのような理由があっても、誰かを不幸にしてしまう不倫はしてはならない。ちょっとした出来心から始まるのだろうが、自分の感情や欲望を抑える自制心があれば、人生の悲劇を防ぐことができる。

(山本泉)

関連書籍

幸福の科学出版婚活必勝法Q&A大川隆法

幸福の科学出版幸福のつかみ方大川隆法

関連記事

2016年3月28日付本欄ノリにノッテる文春砲本来のジャーナリズムの使命とは

2014年7月号不倫を助長した小説家の哀れな末路-失楽園のその後痴の虚人渡辺淳一直伝-大川隆法総裁公開霊言抜粋レポート