軌跡。そして布石。

ほわみんです。今回は自身のピグを登場させて、この子に語っていただくイメージで記事書きます。

リア友あーちゃん、別称さんちゃんへのありったけの想いをこめて。

6月30日鹿さん。が閉鎖します。それを受けて、ここで語りたいと思いました。いろいろなこと。

だって私のブログのタイトルは大切なあなたが入ってるから

開設当初からずっとずっと鹿さん。を、そしてさんちゃんを見守ってきたこともあり、自称鹿さん。スタッフのちに鹿さん。幹部兼相談役勝手に昇進笑として感じた事を、なるべく時系列に沿って。

だってさんさんとほわみんの大事な大事な大事な時間だったからね。

私たちの出会いのなれそめは省きます。聞きたい人皆無だし笑

鹿さん。が生まれる前から、さんちゃんの文章力と知識は素晴らしいものがありました。

私たちガラケー同士だったんですけど、小さい画面と文字でよくお話大喜利をしていました。お互いに探してきたユノとチャンミンの画像からセリフをつけて送りあってたんです。

今でも覚えているのはユノのムソク!自分達が姫でムソクが護衛設定。昔の人の言い回しで書いてたのですが、私がテレビ時代劇のマネっ子なのに対しさんちゃんあ、その時はあーちゃんか笑あーちゃんはものの見事に綺麗な言葉遣いと単語を駆使して返してくるんです。本が読むのが好きな人は語彙が豊富説、間違いありません

こういう積み重ねがあーちゃんを鹿さん。に導く動機になったのかもしれません。

WITHコンが終わり、私たち抜け殻でした。いない間どう過ごしていこうか、そういう話題が毎日飛び交いました。あーちゃんはDVDを恐ろしいほど持っていますが見てないものが山のようにあり、帰ってくるまでそれを全部見て制覇したいと言ったのがきっかけだった気がします。それを聞いた私が、

あーちゃん文書くの上手いし、そのDVDの感想とかユノやチャンミンへの気持ちを書いたらいいかもね〜

さすがのあーちゃん!行動力はピカイチに加え、好きなことにだけ発動される持ち前の集中力とのコラボの結果、

安産でした笑誕生おめでとーーーー

ブロガーさんさんの誕生!

注さんちゃんはこう呼ばれるのがあまり好きじゃないんだよ〜

本邦初公開!産まれたての鹿さん。ですぅ〜この背景見たことある読者さんは今も存在するのだろうかってくらいのレアです。なぜかって?さんちゃんってば開設から少したってすぐ違う背景画像に替えたから笑

のちにサブタイトルはお部屋の広がりを考慮し、なくしました。

ちなみにほわみん、初めてアメンバーになったのは鹿さん。です!いぇい

稼働してすぐジャンル東方神起でランキング登録。1週間たち、鹿さん。は13位と驚きの快進撃!

1か月を過ぎたころには週間アクセスは30000越え、アメンバーは100人を超えました。

さんちゃん、この時期ですでに神ってます

このあとは書くまでもなく鹿さん。うなぎのぼりでしたが、それとは裏腹にさんちゃんの体調は右肩下がり。ユノの入隊が近くなってきたころです。それだけでもかなりのダメージなのにチャンミンの入隊日が早に発表されました。今考えるとその頃が一番身体が悲鳴あげてたね、あーちゃん。

でも鹿さん。はそれを感じさせないようさんちゃんとしてがむしゃらに頑張ってたんです。寂しさを払拭するかのように頑張ってたんです。

あれだけの渾身作が次と上がり続けたんです。出来上がって疲れないわけがありません。あの頃の私は毎度のように食べな休みな食べな休みなを呪文のようにさんちゃんに言い続けてました。

不謹慎かもしれませんが、さんちゃんは窮地の時ほど素晴らしい作品が生まれます。特に切ないお話は。この時期に書いたねがい。は私を含めたくさんの読んでいる方の涙を誘い心を揺さぶったと思いますし、今も皆さんの心に焼き付いてると私は思ってます。

私がさんちゃんの作品でリアルホミンが一番好きだったのも東方神起を愛するさんちゃんのすべてが伝わってくるからです。個人的に三日月というタイトルの作品は今でも私のお気に入り

さんちゃんが書く文章は文章ではなく、詩に近いなとも感じます。今までこの作品にメロディーがついたら素敵だなぁ〜。CD化したら歌詞を?みしめて盤が擦り切れるまで聴きたいなぁ〜。という妄想まで浮かんでいたくらいです。変態ですね笑

そうこうでチャンミンの入隊までさんちゃんよく乗り切りました。鹿さん。があってどん底さんちゃんは救われました。ほんとにありがとう!

さんちゃんといえばアメンバーさんみんなで楽しめる企画の数ですね!ホミン愛をカタルタやアミーのファンイベ、鹿さん。アニバーサリーなどなど。東方神起がいない寂しさが最高潮に達するであろう時期に絶妙なタイミングで発信されました。

さんちゃんは楽しむことを探す天才です。今もそこは変わりません。多少無謀じゃないかと思うようなことでも、行動あるのみで最終的にやってのけちゃいます。

でもそこに行きつくまでに本当によく考えて考えて考えて結論を出すんです、あーちゃんは。

私やほかのお友達の意見を聞いたりもするんですが吟味のみで、そこに影響されることなくぶれず進みます。先の先まで考えてます。私はさんちゃんの頭の中を異次元とか宇宙と表現してます

まぁごくたまに、ほらね?、もありますが笑そういうときの軌道修正が早いのもさんちゃんのすごいところ!先を考える選択肢がすでにたくさんあるからでしょう。

私といえば逆にのんびり屋。心の中の焦りを感じたら、自分になんとかなるさと言い聞かせながら徐に解決していくタイプ。ですのであーちゃんの頭の回転と判断力は私があーちゃんを尊敬するところであり、自身も身に着けたく現在努力中なんです習得できるかは別ですが。

鹿さん。がもうすぐ1年を迎えるころ、二次小説ランキングでトリプルクラウンを達成しました。私、娘と出先でランチしてたんですけど号泣しました。ただただ嬉しかった。鹿さん。スタッフ冥利に尽きました。

頑張ったあーちゃんと応援していただいた読み手の皆さん。ふたつがひとつになって初めて得られるものだけに感無量でした。

そのような景色をよしと思わない方も同時に出てきたね。

素敵な言葉を紡ぐあーちゃんは語彙力も知識も豊富です。そのぶん誰かが放つ言葉の意味を、言葉の意図をいち早く感知して受けてしまいます。私の声色でさえ隠しててもバレます。笑

それが悪意なら鋭いとげとなって刺さります。簡単に抜けるわけありません。

気にするんじゃない。

はじめのころ私はさんちゃんにこう言ってました。ひどかったね私。鈍感だったね。ごめんね。

気にしないなんてこと、できるわけないよね。今でも忘れてないもんね。それだけ傷が深いんだもんね。

見えないものに対しての怖さや警戒、いとも簡単にどうにでもなる関係性の恐ろしさを身をもって知った分私たち強くなれた。前ほど怖くなくなった。アメンバーの解除やコメントの公開など防御の術も少し身に着けた。

それでも見えないものが怖いのは変わりない。

やっと傷が癒えたと思ったら、また次に来る。

さんちゃん曰く、大きいものは共有したけど小さいものは自己完結していたって言うんです。

小さいものだって塵も積もれば山となる。だよ、さんちゃん。

一度さんちゃんの行動に私の警戒アンテナが反応して、接触を止めたことがあるんです。

でもさんちゃんは動いてしまった。そして結果、辛い思いを抱えてしまった。

もっともっと嫌われてもいいやって思うくらい止められたら、と今も後悔してます。

そんななかさらにおうちの中が大変な状況になったときがありました。お話を完成させるのにいつもの3倍時間がかかることもありました。さらにお話のクオリティーを懸念し始めたさんちゃん。そんなこと初めてでした。

家族をとても愛しているあーちゃんだけに、家族の中が大変な時に書き続けるのは至難の業。

私は、一息つきながら無理なく大事な鹿さん。を続けていこうとアドバイスし、大変な時はお休みを長く取るようになりました。

書きたいのに時間と真剣に向き合えない想いを抱えながら。書けたとしても文章を晒すことへの恐怖と闘いながら。

そしてまた楽しいことを作り出そうとしていた矢先の大きな出来事が起こりました。

以前のさんちゃんならアメンバーさんに状況を伝えようと記事を書いてたでしょう。

でもこの2年2カ月のなかで学んで得たこともあります。さんちゃんは晒さない選択をとりました。

けど受けた傷は大きいことには変わらない。

それならやめればいいじゃないか。そう思うひとがいらっしゃるかもしれません。

そう簡単にいくでしょうか。気持ちを簡単にリセットできるのでしょうか。こんなたくさんの方に愛されて、慈しまれている鹿さん。を。さんちゃんが大切に大切に年月をかけて育ててきたお部屋を。大好きな東方神起がいっぱい詰まっているお部屋を。

いつからか去年の後半からくらいでしょうか。鹿さん。をやめたいと呟くようになりました。

しかも鹿さん。をなくすための具体的な将来展望をも添えて。

そうかと思えば頭の異次元にあるいろんなお話のダイジェスト語ってくれたり。

私はさんちゃんのなかに大きな葛藤と悔しさが入り混じってるように感じました。

そして半年という時間をかけてありとあらゆることを吟味しながら、やってみないとわからないことに鹿さん。存続への希望を乗せて動きました。

お話がなくなったことで、楽しみにしていた読み手さんにとってはとても残念であったと思います。

ですが、鹿さん。を誰よりも大切にしているさんちゃんがお話を消した勇気と覚悟、わかっていただけたらなによりです。

さんちゃんってどんなひとでしたか?頭が異次元並みに広いし、次と何かを産みだす能力は無限大だし笑

枯渇どころか地球のマントルからマグマが溢れ出すような思考の持ち主だし。言い過ぎか笑

今の鹿さん。が前とカタチは違っても、鹿さん。というお部屋があってさんちゃんという人間がいる限り、私は応援し続けたいです。素敵なお話を書き、ひとを感動へと導くさんちゃんの才能をもっと感じていたいです。あ、すみません。わたし鹿さん。スタッフでもありますがさんちゃんのファンでもあるので笑リア友意識が離れる瞬間がたびたびあります。()

チャンミンが帰ってくるという事実も、チャンミン大好きなあーちゃんに何かを起こす要素を秘めてる気が。皆さん違うかな。同じかな。

これらが未来への布石となるように、願いを込めてほわみんの記事とさせていただきます。

長文失礼しました。

あーちゃん、読んでね。私の想い、これがすべてだよ。晒してる期間は今日だけだよ。明日になったらアメ限にするからね!ってさんちゃんアメンバーだったか(><)